Topへ | |  ビデオ工房 |  堅田紹介 |  パソコン教室 | 動画編集アナログ編集  | Blu-Ray作成j実践Blu-Ray作成趣味 |雑学 |HP作成 |ウイルス対策 | 実践DVD作成

DVD作成ソフト使い方
BLu-Ray作成可能ソフト
はがき作成ソフト使い方
無料ソフト

MY DVD6.1.3 初心者の使用説明です
下記作成ソフトも紹介しています
完全無料版
DVD Styler
完全無料版
DVD FLICK
無料版使用
WinX DVD
無料版使用
FLeemake
有料・バンドル
MovieWriter

無料版使用
AnyVideo
BLu-Ray作成
無料BLu-Ray作成
バンドル版
MyDVD

無料ソフト導入には注意!(推奨インストールは絶対にしない)

難易度は非常に低いソフト 有料ソフトより分かりやすいソフトです。
お持ちのバンドルソフト・購入ソフトが使いこなせない場合テキスト代わりに使用してみてください。

          Windows10で不可思議現象発生!CPRMがなくなった記事(平成28年2月現在) ⇒ ⇒ ⇒ 

10年前になりますがDVDドライブ購入時バンドルソフトです。Windows10にインストールできました。
機能は貧弱ですが超簡単DVD作成が可能です。お持ちの方もいると思いますので!

DVD_Video bit数と録画時間(4.7G)

bit数と録画時間の関係です。使用作成ソフトによって時間は若干変化 8000bit 7000bit 6000bit 5000bit 4000bit 3000bit 2000bit
作成DVDの時間・・レコーダー表示 XP/SP/LP表示(目安)DVD 60分(XP) 65分 90分 110分 120分(SP) 180分 240分(LP)
参考記・・・・50分の動画なら9000bitが使用できます。(DVD4.7G) 作成時間に合わせてbito数をできるだけ上げます。

BLu-Ray bit数と録画時間(25G)
bit数と録画時間の関係です。使用作成ソフトによって時間は若干変化 40000bit 30000bit 20000bit 15000bit 10653bit 9000bit 4000bit
作成BLu-Rayの時間・・MPEG−2コディック使用時 70分 92分 130分 180分 240分
作成BLu-Ray時間・・H264ビデオコディック使用時 210分 320分 370分 420分 750分
参考記・・・・通常BLu-Ray作成の場合20000〜10653bit使用で130〜240分の設定が多いと思います。
        H264コディク使用(2982bit)で18時間以上の録画が可能です。市販ソフトではこのような設定もできるソフトも多いと思います。

bit数と録画時間の重要性 DVD焼き込み2時間の場合4000bitの準備が理想となります。9000bitで準備しても意味がありませんね。                      
                勿論40000bitで準備して2000bitに落とす方法も考えられますが、書き出し・オーサリング時間の無駄になります。               
逆に2000bitで準備したが画像をDVDに1時間で焼き込んでもLP画質 DVDの無駄遣いになります。 

MY DVD6.1.3バンドル うまく使えばこれもよし

本格DVD作成も可能?使用方法も超簡単!眠っているならもう一度確認してください。             
 My DVD 起動画面です。
 
 操作は非常に簡単読込み機能が劣りますので(市販ソフト一般)
 
 mp4・VOB・m2tsは読み込めません。

 mpeg2/WMV/AVI 等の動画ファイルを用意してください。
起動画面です。今回はDVD_VIDEOを選択します。

VIDEO_CDも同様の操作で作成も可能です。

新しいプロジェクトからDVD-Video選択します。

最低限の操作で紹介

準備した動画をドロップで読み込みます。
9画面チャプターまでOK
オーバーした場合サブチャプタ2ができます。

チャプターの大きさは変更出来ません。
ここでは触れませんがバック画像によってチャプターデザインは決定

テキストクリックで反転させ文字の変更

文字を変更しました。文字大きさがおかしいですね。

上段のタスク スタイルを編集クリック
ここで編集を行います。テキストの変更・
タイトル・ボタンの文字大きさ、文字フォント・文字色を修正します

デスクタイトル変更も可能。タスクの中から選択します。

通常はこれでOK

今回カスタムでバック画像・BGM変更しました。

カスタム・ビデオ又は静止背景を選択項目で
準備した動画をバック画像にします。

カスタムミュージック選択で準備した曲に変更しました。
バック画像・タイトルがバランスよく設定できました。

通常はデフォルトのままで十分なチャプターが作成できます

準備ができたら、下段タスクのコノメニューに摘要クリック




チャプター画像が完成しました。

実際のチャプター構成を下段再生アイコンで確認できます。
通常は動画として再生されませんがメニューアニメーション をクリック
再生される画像を動画で確認できます。

確認が済んだらブランクデスク挿入
書き込みボタンクリック  挿入ドライブ指定でOK

DVDの完成を待ちます。
DVD再生でチャプター画像確認しました。

MyDVDは市販ソフト・バンドルでは、機能が貧弱です。

こんな記載は叱られるかも! 紹介はしていませんが他の機能も満載。

簡単使用ではNO1と推奨できるソフトだと思います。


このバンドルデスクにPowerDVDが同梱されていましたので紹介します。
Windows10更新でWinDVD喪失(起動不能)

Leawo iw BLu-Rayプレーヤー導入で対処(CPRMが再生できない)

PowerDVD導入で解決できました。
通常はPowerDVDを使用・ 
BLu-Ray再生とレンタルDVDはLeawo iw BLu-Rayプレーヤーを使用
(ここでは記載しませんがLeawo iw BLu-Rayは凄いプレーヤーです。

MyDVDに準備されたバック画像は下記動画の3枚 やはりダウンロード画像がいいですね!

完全無料版
DVD Styler
完全無料版
DVD FLICK
無料版使用
WinX DVD
無料版使用
FLeemake
有料・バンドル
MovieWriter

無料版使用
AnyVideo
BLu-Ray作成
無料BLu-Ray作成
バンドル版
MyDVD

無料ソフト導入には注意!(推奨インストールは絶対にしない)

ワードで年賀状 無料ソフトで年賀状
   郵便はがきデザイン
無料ソフトで年賀状
Print Magic
無料ソフトで年賀状
ハガキ作家

Topへ | |  ビデオ工房 |  堅田紹介 |  パソコン教室 | 動画編集アナログ編集  | Blu-Ray作成j実践Blu-Ray作成趣味 |雑学 |HP作成 |ウイルス対策 | 実践DVD作成